訪問看護でつくる未来|いろいろナースは、看護師の独立と訪問看護ステーションの成功を支援する総合Webメディアです。

訪問看護ステーション開業で失敗する5つのケース

訪問看護ステーションの開業は、地域社会にとって重要なこと。しかし、訪問看護ステーションといえど、経営がうまくいかなければ、せっかく開業しても「廃業」することになりかねません。

そのような事態を回避するために、どのような点に注意したらいいのでしょうか?訪問看護ステーション開業時に気をつけたい、5つのポイントをご紹介します。

実は訪問看護ステーションの廃業は多い

実は、訪問看護ステーションの経営がうまくいかず、廃業するケースが後を絶ちません。

訪問看護ステーションの経営がうまくいかず、廃業するケースが後を絶ちません

全国訪問看護事業協会のデータでは、令和3年4月の時点で、東京都で稼働している訪問看護ステーションは1,315か所。

同じく東京都で令和2年度中に新規開業した訪問看護ステーションは153か所で、廃止したステーションは55か所、休止数は14か所でした。

出典元:一般社団法人全国訪問看護事業協会「令和3年度訪問看護ステーション数 調査結果

決して少なくない数のステーションが、廃止や休止しているのが現状です。

訪問看護ステーションの経営で失敗しやすい5つのポイント

せっかく立ち上げた訪問看護ステーション。地域に愛され、末永く営業を続けるためには、どうしたらいいのでしょうか?

訪問看護ステーションが失敗しがちなポイントが5つあります。

(1)開業計画の不備

(2)人員要件が満たせないケース

(3) 法律・規制の遵守ができないケース

(4)競合他社が多い

(5)資金不足

それでは、それぞれのケースについて説明します。

(1)開業計画の不備

「訪問看護を必要としている人は多いはず…」と思って開業したものの、充分な市場調査や事業計画の策定ができていなかった場合、経営に失敗する可能性があります。

訪問看護といっても、利用者に選ばれ、収益をあげなくては、事業を存続させることはできません。ステーションの開業前には、適切な商圏を選定し、綿密な事業計画を立て、好調なスタートダッシュを切りたいものですね。

(2)人員要件が満たせないケース

訪問看護ステーションの立ち上げには、看護師の人員要件が定められています。これは必ず守らなくてはならないもの。

看護師の採用がうまくいかなかったり、看護師が辞めて欠員が出たりすると、人員要件を満たせなくなり、開業許可が下りなくなってしまいます。

(3) 法律・規制の遵守ができないケース

訪問看護だけでなく、法律や規制を守れないと、どんな企業でも経営はできません。初めて経営者になる看護師には、改めて法律・規制遵守の意識を持つ必要があるでしょう。

 法律・規制の遵守ができないケース

訪問看護ステーションは、厚生労働省や地域行政による厳しい監督下にあり、法律や規制を遵守できなかった場合、指定が取り消されることもあります。

また、事故やトラブルが起こった場合には、法的責任を問われることになります。

法律や規制については事前にしっかりと情報収集を行い、「知らなかった」ということのないよう努力する必要があるでしょう。

(4)競合他社が多い

訪問看護ステーションを立ち上げようとする地域に、すでにいくつかの事業所が開業している場合、他の事業所と競合することになります。いわゆる、利用者の取り合いが起こります。

自分の訪問看護ステーションの強みや専門性などを打ち出し、利用者に選ばれなくてはなりません。

(5)資金不足

訪問看護ステーションの立ち上げには、相応の資金が必要です。

事業計画や資金調達の不備により、運営資金が不足し継続できなくなることがあります。

訪問看護ステーションを開業するにはいくらかかる?気になる開業資金について解説

資金計画をしっかりと行い、万全の備えをしておきたいものです。

自己資金がなくても訪問看護ステーションを開業できるサービスがあるため、資金繰りに不安のある人は、利用してみるのもひとつの方法ですね。

まとめ

地域への貢献度の高い訪問看護ステーションの開業。しっかりと開業準備して、つまずきやすいポイントをクリアし、経営を軌道に乗せたいものですよね。

自己資金ゼロからの訪問看護独立事例をプレゼントします

自己資金ゼロでも、開業計画がわからなくても、経営が初めてでも、訪問看護ステーションの開業は夢ではありません。

いろいろナースでは、訪問看護ステーションを開業したい看護師のあらゆるご相談に乗っています。

まずは話を聞いてみませんか?

自己資金ゼロからの独立事例は、下記より無料でダウンロードできます。

>保険外美容医療での看護師独立ストーリー

保険外美容医療での看護師独立ストーリー

石原看護師は、約1年前に美容エステと美容医療を組み合わせた独自メニューを提供する美容サロンを自宅で開業されました。
週に2回はクリニックに勤務しながら、子育てや家事と両立できるサロン運営を軌道に乗せています。

石原看護師がどのようにして時間や場所にとらわれない働き方を実現できたのか、その経緯、現在の状況、そして今後のビジョンについてお話をうかがいました。

無料でダウンロードできますので、看護師の独立にご興味のある方は、是非この機会にご一読ください。

CTR IMG